筆者自己紹介、榎本晋作(YMSにてイギリス滞在中)


PUBで英語の先生のルイスとイタリア人のエドワルドと

▲PUBで英語の先生のルイスとイタリア人のエドワルドと

 

はじめまして、この度、編集長の西村さんのお誘いで
ワーホリタイムズに寄稿させていただく事になりました。

 

まずは、自己紹介の記事から。

 

私は、ワーホリビザ(Youth mobility scheme)を使い
2013年11月から渡英し、現在はロンドンで仕事をしております。
(日本ではWebマーケターをメインとしてフリーランサーとして活動しておりました。)

 

現在の主な、仕事は2つで

1.日本時代からのクライアントとのコンサルティング
2.イギリス留学専門エージェント留学@UKでのWebマーケティングとカウンセラー

です。

 

■ワーホリの情報が足りない、留学生のための留学がない、だから僕らで変える!

仕事中の様子

▲仕事中の様子

 

仕事とは別に、僕自身、自分でブログを開設し
情報発信を行っています。

→榎本晋作のワーホリ留学ブログ@イギリス

 

渡英前から、既に250件を超える記事を配信しているのですが
なぜ、ブログを開設しようとしたかというと、それは自分の渡英前の体験からでした。

2013年1月にワーホリビザが当選した後に

「さてさて、で、どうするの・・・・・

さてと、ググるか!」

「ネットで調べても、全く情報がない!!!

いや、あるねんけど、これ全部解決策になっとらんやん。」

 

とりあえず、ビザ当選を知ってラブコールをくれるエージェントに聞いたり、
Twitterで同じくビザに当選した人に聞きまくったり
自力で調べまくったりでなんとか渡英したのがビザ当選後の11月でした。

 

もちろん、ビザ申請の手続きの事だけではなく、
イギリスの物価、生活費、仕事探しなどのような大きな問題から

「家はどうやって探したらいいのだろうか?」

「スーツを持って行った方がよいのか?」

のようなミクロなものまで
iPadでググりまくる毎日。。。

 

そんな問題を感じて、僕がしようと思ったのが

「僕が欲しかった情報を自分で発信する」

というものです。

このような理由から自分のブログを渡英前から開設し
ワーホリやイギリス生活に関する情報を発信していました。

 

そして、僕が西村さんと知り合うきっかけになったのは
僕のブログを見て西村さんがメールで連絡をしてくれたからでした。

 

このワーホリタイムズに寄稿しほしいというお話をいただいた時に

「いや、自分のブログでやればいいし、
う〜ん。。。」

って感じだったのですが、西村さんとSkypeで話していて

「ワーホリとか海外で生きる上で、必要な情報を届ける!」

というコンセプトに

「えっ、同じやん!!!」

と感じ、この度寄稿させていただく事になりました。

 

また、僕自身、海外で生きる事を決めてから
もう1つ疑問に思ったのが

「結局、日本人の留学って、行くだけの留学になっているのでは?」

という事です。

 

もちろん、留学の目的はそれぞれで、
みな英語力をつけて日本に帰っていく事は意味ある事だと思いますし
僕も当事者で現在進行形な人間です。
(ただ、世界で戦うには英語力にはだいぶ不安がありますが^^;)

 

ただ、これからの留学に本当に必要なのは「英語力+α」
言い方を変えると「英語力+自分で決めたテーマ」が必要なのではないかと
僕自身、イギリスに来る前、そしてロンドンに住んでいる今も感じている事です。

 

実はこれが定まらずに出発を5ヶ月も遅らせてしまった経緯があります。

悩み悩み抜いた上で、出発直前になって具体性には欠けるものの

「あまり前例のないイギリスで日本人が
フリーランサーとして生き抜く。」

というテーマを掲げて渡英しました。

 

留学事業もエージェント(仲介)という立場から
「教育」へと変わる転換期を迎えているように感じます。

 

そんな経緯から、今、契約している会社の社長からお話をいただき
留学会社での活動をする事になりました。

 

言葉にすると大げさですが、
今後の留学事業を改革する一歩になればと思い日々仕事しています。

 

■ワーホリタイムズで配信したい事「新しいイギリス」

ルームメイトの韓国人「キムソンナム」

▲ルームメイトの韓国人「キムソンナム」と一緒に髪を切りに行った時の写真

 

さてさて、仕事でも、ブログでも広報としてイギリス情報を配信しまくっている自分なので
ワーホリタイムズでは、何を配信しようかと考えていたのですが
自分がおそらく配信して一番お役にたてる情報は

「新しいイギリス留学(海外生活)」

だと思いますので、こちらでは

「こんなの今まで知らなかった!」

というものを配信していこうと思います。
(もちろん、イギリスでの生の生活も随時配信いたします。)

 

例えばですが、下記のような
Webサイトや場所はどれくらいの方がご存知でしょうか?

→現地の人から借りる家・アパート・部屋・バケーションレンタル・民宿予約サイト – Airbnb

→世界中に展開するコワーキングスペースHUB Islington

→共通の趣味を持つ人がオフ会で集えるプラットフォームMeetup.com

 

イギリスに限らず、
世界には「知っているだけで新しい世界が広がるもの」
がたくさんあります。

 

日本人がもっと能動的に海外に入って行けるように
僕自身、こちらのメディアで、何かお役に立てたらなぁと思いますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

Shinsaku Enomoto

 

 

 


『ワーホリタイムズ購読はFBが便利です』