7ヶ月間のバックパッカー生活で僕が得たもの


DSCN0054444

▲バックパッカーのエントランス。掲示板があり、イベントが告知される。

 

こんにちは。
オーストラリアワーホリ経験者の西村敬介です。

 

早速ですが、みなさんバックパッカーってご存知でしょうか?

 

バックパッカー(通称:バッパー)とは、貧乏旅行者やファーム労働者向けの安いホテルのことです。
基本的に部屋は4~8人部屋。2段ベッド。他の国のことはわかりませんがオーストラリアのバックパッカーはどこも男女共同でした。

 

様々な国の方が滞在するので、部屋の中では常に異文化交流が行われます。外国の友達がたくさん出来ますが、ルームメイト同士の喧嘩も勃発する、楽しく、刺激的なところ。

 

僕は1年間のワーホリ期間中、7ヶ月間バックパッカーを転々としながらオーストラリアで生活しました。
今日はそのバックパッカー生活についての記事を書きます。

 

■バックパッカー生活を選んだ理由

image2[

▲いきなり壁にチョークで落書きをしだす、ドイツ人ルームメイトのマーク

 

まずは、なぜ僕がバックパッカー生活を選択したのかを説明しましょう。

 

「オーストラリアに行ったら、現地で外国人とたくさん話して英語を伸ばす!!!」、オーストラリア出発前にこのように考えていました。そして、外国人旅行者がたくさん滞在するバッパーなら、それが可能だと思ったのです。

 

オーストラリアに着き、実際にバッパーに行ってみると、そこにはたくさんの外国人が。自分の考えは間違っていないと感じました。

 

しかし、初めは怖かったです。だって、日本人なんてほとんどいませんし、一緒の部屋にいる外国人のルームメイトとは何か話さなければいけませんから。もちろん英語を使ってです。

 

ヨーロッパ人と話すことがほぼ初めてだった僕にとって、バッパーの部屋の中はまさしく試練そのものでした。ちなみに、キッチン、風呂、トイレは共同。そんな生活を日本でもしたことが無かったため、普通に生活するのさえいっぱいいっぱいでした。

 

■いつの間にかバックパッカー生活に馴染む

DSCN0368

▲バッパーのキッチン。共同で作って食べるので楽しい

 

そんなバッパー生活も1ヶ月ほど経てば慣れてきます。共同生活すること自体に全く抵抗感はなくなり、ルームメイトとの会話もなんとか楽しめるようになりました。

 

バッパーのいいところは、住人の入れ代わりが多いことですね。常に新しい人がやってくるんで、出会いがたくさんある。

 

僕が共同生活したルームメイトは、イギリス人、アメリカ人、カナダ人、オーストラリア人、スウェーデン人、ドイツ人、フランス人、スコットランド人、ブラジル人、台湾人、韓国人、などなど、他にもいますが挙げていったらキリがありません。。。

 

世界各国の人たちと話す機会があり、このような生活はすごく楽しいですよ。

 

■バックパッカー生活で得たもの

DSCN0341

▲同じバッパーに滞在したスウェーデン人の二人。僕を含めた3人でよく山登りをしました。

 

1、世界各国の友達

まずはこれが一番大きいです。たくさん友達が出来ました。彼らとは今でもフェイスブックで連絡を取り合っています。

 

2、英語が伸びた

僕の英語能力は、バッパー生活で身に付けた部分が大きいと実感しています。当初の目標どおり、英語をたくさん話すことが出来て満足しています。

 

3、神経の図太さ

常に4人以上の共同生活のため、プライベートがありません。また、生活リズムもみなバラバラ。そのため、ルームメイトを気にせず、自分のペースで生活する図太さが必要になります。
初めは大変でしたが、自然と慣れていきました。

 

4、自炊能力

料理はルームメイトと一緒にシェアすることが多かったです。そのため、他の人から料理を学ぶことが多かったですし、私がみんなに日本料理を振舞うことも多々ありました。
そのような環境のため、自炊能力が格段に向上しました。

 

5、モノを管理する能力

部屋では自分のスペースはベットの上とその周辺のみです。いかにしてその小さいスペースを使うかが重要。初めのうちはよく物をなくしました。500ドル(5万円)が消えたこともあります。

 

■バッパー生活する人にアドバイス

DSCN0377

▲部屋はこんな感じで、基本的に汚いです。。。

 

はじめは大変かもしれませんが、そのうち慣れます。そして、様々な国の人と交流できる絶好の場所です。

 

気負わず、マイペースで生活するよう心がけてください。無理にルームメイトに合わせようとしなくて大丈夫です。途中でしんどくなります。

 

世界中の友達がこれほど簡単に作れるのはバッパーの最大の魅力でしょうね。そういった出会いを求める方には、バッパー生活を強くオススメします。

 

僕のように長期間滞在する必要はありません。3,4日の旅行などでもオッケーです。みなさんもバックパッカー生活やってみませんか?

 

p.s 貴重品管理だけは徹底するようにご注意を!!


『ワーホリタイムズ購読はFBが便利です』

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)