カナダワーホリビザ申請に必須。オーストラリア無犯罪証明書の取り方[2014年版]


こんにちは、ワーホリタイムズ編集長の西村敬介(@keisuke160)です。

 

カナダのワーホリビザ申請に、これまで滞在した国の無犯罪証明書が必要になったようですね。
ワーホリに行く人って、オーストラリア⇒カナダという2カ国を選択する人って多いんじゃないでしょうか。

 

その方はご注意ください、

 

カナダワーホリビザ申請時にオーストラリアの無犯罪証明書の提出が必要になります。

 

そしてオーストラリアの無犯罪証明書を収得するのは結構やっかいです。

 

カナダワーホリビザの申請方法を説明しているサイトは結構あるんですが、オーストラリアの無犯罪証明書の収得方法までカバーしているサイトってなかなか無いんですよね。

 

しかしご安心を。。。
この記事で、みなさんにオーストラリアの無犯罪証明書の収得方法を詳しく説明します。

 

■1、まずは、オーストラリアAFPのHPへ

こちらにアクセスしてください→AFPサイト内の無犯罪証明書申請ページ

 

上記のURLにアクセスしてNational police record(国際無犯罪証明書)の申請をしましょう。

 

画面中央のAccess the online application or downloadable PDF application through the AFP’s application portal をクリック。
(下の画像参考↓↓)

 

AFP無犯罪証明書 1

 

■2、規約に同意して次に進む

次に規約に同意し、チェックを入れて、Start New Online Aplication をクリック
(下の画像参考↓↓)

 

AFP無犯罪証明書 2

 

■3、必要書類を提出(←重要)

書類の提出を求められます。
提示されるリストから、自分が提出できる書類を選択します。

 

それぞれの書類に点数が付けられており、点数の合計が100点以上になるように提出しなければいけません。

 

日本人が提出できるのは、パスポート、クレジットカード、オーストラリアの免許書、バンクステイトメント等でしょうか。

 

パスポートとクレジットカードで95点になるので、あと一つ書類を揃えることができればオッケーです。

(AFP書類リスト。クリックで大きくなります)

AFP 書類リスト1

AFP書類リスト2

 

■4、提出できる書類の合計が100点未満の場合(←最重要

AFPが提示するリストで100点以上の書類を揃えることができない場合が結構あります。

 

実際、僕も揃えることができませんでした。
オーストラリアの運転免許書は持っていませんし、
銀行口座は帰国するときにクローズしたため、バンクステイトメントも収得不可能。。。

 

では、どうしても100点を超えることができない場合どうすればいいのでしょうか?
カナダビザ申請を諦めなければいけないのでしょうか?

 

そんなことありません。100点未満でも申請できる可能性は十分あります。

 

どうすれば良いのか、、、、それは、、、

 

なんでもいいので書類を送りましょう!!

 

僕はオーストラリアから日本の銀行に送金した際のレシートで申請できました。銀行送金のレシートはAFPが要求する書類リストに載っていませんが、それでも大丈夫でした。

 

また、同じ時期に申請したワーホリタイムズのメンバー「慎太郎さん」も100点揃えることができなかったのですが、オーストラリアの家賃支払いのレシートで申請できたようです
ちなみに、家賃の支払いレシートもAFPの書類リストには載っていません。

 

名前や住所が載っている書類なら、申請できる可能性はあります。
リストにある書類を揃えることが不可能でも、リスト外の書類で申請できる可能性は十分あるようです。
僕と慎太郎さんはそれで申請できました。

 

■5、名前、住所など必要事項を記載

必要事項(名前や住所)を記載します。ここで記載した住所に無犯罪証明書が送られてきます。

 

住所記載欄の下のほうに、無犯罪証明書発行の目的(Purpose)を選択する欄があります。
僕は下の画像のようにチェックを入れて申請可能でした。参考にしてください。↓↓

 

AFP無犯罪証明書 3

 

■6、書類をアップデートし、お金を払って終了

最後に申請に使う書類をアップデートして、42ドルを払い終了です。
申請料はクレジットカードで支払います。

 

1~3週間程度で下の書類が届きます。これが無犯罪証明書です↓↓

無犯罪証明書AUS

 

 

まとめ

オーストラリア無犯罪証明書の申請で一番やっかいなのが、書類を100点以上集めること。
これが不可能なため、カナダビザの申請を断念する人が結構いるんじゃないでしょうか?

 

しかし、諦めないでください。

 

なんでも良いので、AFPに書類を送付してください。
リストに載っていない書類でも申請できる可能性は十分にあります。

 

また、もしオーストラリア滞在中にカナダのワーホリに行くことが確定している方は、オーストラリアで免許書かバンクステイトメントを収得しておくことをお勧めします。

 

西村 敬介

 


『ワーホリタイムズ購読はFBが便利です』
28 Comments
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介
    • 西村敬介

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)