【筆者自己紹介】黒江年 仁弥 「計画通りにいかないのがワーキングホリデーの醍醐味!?」


ワーホリタイムズA

みなさん、はじめまして。
黒江年仁弥と申します。この度、ワーホリタイムズに記事を書くことになりました。
しかしながら、自分のワーキングホリデーは始まったばかりで、ワーホリ初心者です。。
現在、オーストラリアに滞在しております。
お手柔らかに読んでやってください(笑)

 

私の英語力はTOEIC800点弱、レアジョブというオンライン英会話のスピーキングテストLV7でワーホリのスタートを切りました。
(どちらもここへ来る前に日本で受けて、結果はオーストラリアで知りました。)
フィリピンに留学・滞在したことはありませんが、
レアジョブ英会話で多くのフィリピンの方とお話をしました。

 

また、オーストラリアには別のビザで今年来たことがあります。
現地でボランティア活動。英会話でたいぶ苦戦しました。(特にホームステイ先)

 

その時オンライン英会話は未経験で、日本で帰ってからレアジョブを開始。
(帰国したのは今年の7月ですが、レアジョブを始めたのは9月初旬)
ワーホリ出発前の約2か月間で、喋り慣れ、英会話慣れは少しできたような気がします。

 

現地での宿泊方法として、
ホームステイ、バックパッカー、シェアハウスを経験しています。

 

■準備して、目標もって、いざ出発!

多くのブログで書かれているように、
日本でどれだけ準備しておくか(特に英語)が非常に大事になります。
正直、準備不足だったかなと感じています。

 

英語力の向上、海外で働くこと、資格を取得することなど、色々と目標を掲げて出発しました。
機内では隣の人と英語で会話。空港のオプタスで携帯電話にリチャージ。
そして無事にバックパッカー(ホステル)にチェックインできました。

 

しかしながら、
個人的に大きな問題が発覚しました。

 

英語のリスニングってこんなに難しかったっけ!?

 

英語教材は大体音がクリアですし、フィリピンの方の音に慣れたというのもあるのでしょうか…
「相手の喋っている言葉の意味が一回ですんなり入っていないなぁ」と、スピーキングだけでなく、リスニングにも不安を感じるようになってしまいました。
(まぁ、複雑な内容のものは理解できませんが…)
バックパッカーでは、カナダの人がレジュメを見てくれたことがありましたが、
滞在費が高いというのが現実で、シェアハウスへ移動しました。
現在は資格取得にむけて学校に通っています。

 

ワーホリに向けて準備すること、目標をもつことは大事だと思います。
計画通りに進んでおりませんが、
それも1つの楽しみとしてワーホリ生活をしていきたいという気持ちです。
住まいの比較、英語の学習、資格取得、節約方法など、
様々な視点で記事を書いていくことができたらと思っております。

 

みなさん、どうぞよろしくお願い致します!

 

黒江年仁弥


『ワーホリタイムズ購読はFBが便利です』

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)