ワーホリでの節約の工夫 inオーストラリア


こんにちは、黒江年 仁弥です。

物価が高いと言われている(実際に高い)オーストラリア。
ワーキングホリデーで現地に滞在するにあたり、気になるお金。
今回は個人的な節約術を書いてみようと思います。

 

・使えるものは使いましょう!

・まずは便利なアプリを紹介。

 

WT-C

▲こちらはHungry Jack’sと呼ばれるハンバーガーチェーン店のアプリです。
これが思いのほか有り難い。現地の人が使っている姿も結構見かけます。

 

WT-D

(▲BACON DELUXEのFREEが当たりました。(店舗名は伏せています。))

 

結果を出してから20分以内に購入すればOK!インターネット接続が必要になりますので、Wi-Fiのある環境で使ってからレジに向かう必要があります。Facebookアカウントも必要です。

 

さらに、ハングリージャックスでレシートをもらい、そのレシートのコード番号を指定のオンラインページに入力し、アンケートに答えると、チーズバーガーを無料で手に入れることが可能になります。(アンケート1回につき1つ)

 

WT-E

▲つづいてはオーストラリアの大型スーパーマーケットのWoolworthsのレシートです。
こちらはそのお店のレシートの裏面なんですが、なんと様々なお店の割引チケットがついているのです。

 

有効期限付きのものが多いため注意が必要。また、Woolworths店舗内の商品でWoolworths Selectのマークがついている商品はお安くなっています。日本で言うところのTOPVALUという感じです。
Woolworthsで買い物をした際、きちんとレシートを持って帰りましょう。

 

WT-F

▲また、路上で色々なチケット、および飲食物の配布があります。もらっておいて損はないと思います。

 

ヨーグルトやアイスの無料配布、Red bullのサービスカーに出会ったことがありました。
これは巡り合わせ、タイミング次第ですね。

 

■銀行口座の管理維持費が必要!?

節約とはちょっと違うかもしれませんが、オーストラリアでの銀行口座の話を少しだけ。
基本的には銀行口座の維持費を自分が負担することになります。

 

・ANZ(オーストラリアニュージーランド銀行) ・WBC(ウェストパック銀行)

・NAB(ナショナルオーストラリア銀行)    ・CBA(コモンウェルス銀行)

 

主な銀行名を挙げてみました。
銀行のプランによっては維持費がかからない場合があるようです。NABは維持費が不要。また、現地のエージェントを通すことで維持費が無料になる銀行もあります。
金利のよい銀行があるので、定期預金口座にお金を入れておけば、自分のお金が増えるでしょう。ワーホリメーカーに人気なのはANZです。ANZからNABに切り替えたという人にも出会いました。

 

後は炊事で自分なりに工夫するのがよいと思います。

現地で外食主体となれば、かなり浪費します。節約するとなれば、必然的に自炊するようになるはずです。

大型スーパーマーケットを利用するのも勿論よいのですが、韓国系のマーケットの方が安いような気がします。

何処へ行っても気にかかってしまうお金。それなりに工夫して、節約をしたり、貯蓄をしたりするのが効果的なのではないでしょうか。ただ、折角海外に来たのだから、時には思う存分羽を伸ばしてもいいのではないかとも感じます。(自分には余裕がありませんが(笑))

 

黒江年 仁弥


『ワーホリタイムズ購読はFBが便利です』

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)