オーストラリアでのファームジョブに関する基本情報


imagesCAXB3BZI

今後しばらくの間、オーストラリアのファームジョブに関連する記事を配信していく予定です。

筆者の体験談に基ずく内容がメインとしますが、今回は初回の配信の為、ファームジョブに関する基本的な情報をご案内致します。

 

オーストラリアの農業とは?

オーストラリアは、農業生産物の3分の2を輸出する農業輸出大国である。オーストラリア国土の約半分が農用地となっている。農用地の90%以上が肉用牛や羊の放牧に使われる土地になる。

したがって野菜や果物等の耕作地は農用地の全体としては微々たるものだ。これはオーストラリアの気候や土壌が野菜や果物を栽培する環境としては適していないことに起因する。

しかしながら、複数地域では豊富な地下水源などがあり農作物を生産するのに適した場所が点在する。

野菜や果物を生産する運営母体は大小様々で、それらの企業が上記の耕作エリアに集中している。

よって、ファームで働くことを希望される方たちはそのような場所に足を運んで仕事を探すことが必要になります。

主要都市から離れた、地球の歩き方にも載ってないような場所だらけです。

 

どのような方法でファームジョブできる場所を探すか?

では、どのようにファームジョブができる場所があるか探すのかということですが、私の場合は渡豪以前にオーストラリア政府が運営する作物別の各州の季節表などを参考に最初の上陸地を決定しました。

下記のサイトがオーストラリア政府の運営しているサイトなので是非参考にしてみて下さい。

http://jobsearch.gov.au/harvesttrail/

個人的にはガトンという町が今の時期であればお勧めです。私の友人達は、ガトン、マッケイ、バンダバーグなどで現在働いております。

ファームの探し方に関しては初回は上記のようなサイトを使い下調べを行う必要がありますが、現地で友人ができれば必ず誰かしら有力な情報を持っていて、実際問題、友人から聞いた情報が最速でかつ信用性が高いので、初回以降は現地でのコネクションを構築することをお勧めします。

ファームでの仕事に必要なもの

 

この部分に関しては、主にピーマンやズッキーニなどの低いところになる野菜のピッキングを主戦場にしてきた筆者の体験談によるものなので、一部作物では該当しないものもある為、ご了承下さい。

日本からの持参をお勧めするもの

1.コルセット    (がちがちに腰を固定しちゃいましょう!)

2.サロンパス大量     (やっぱり安心、日本製)

現地で購入可能なもの

1.ダイビングシューズ (最初は軽さ重視、慣れれば長靴)

2.グローブ      (かなり早いスパンでボロボロになる為、一週間に一度買い替えてました。)

3.帽子        (無いと頭皮が日焼けして目立ち、禿げてるように見えます。)

4.ホエイプロテイン  (ファームジョブ始めたての時には人生最大級の筋肉痛に襲われることとなる為。)

 

以上がファームジョブに関する基本情報になります。次回以降は、現地での体験談を基に具体的な内容を配信していきます。

 

 

 

 


『ワーホリタイムズ購読はFBが便利です』

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)