【オーストリア ワーホリ】タリーのバナナファームで働く方法


file3901256719466ケアンズからバスで3時間半ほど行ったところにバナナファームで有名な「タリー」という町があります。今回はそこでバナナのファームジョブを探す方法を書きます。
ちなみにタリーのバナナファームは年中仕事があり、給料も高くオススメです。

私がタリーを薦める理由

1、時給約20ドル
ファームジョブといえば、出来高制が多く稼ぐことが難しいですが、タリーでは安定して稼げます。時給は約20ドルで1日7時間程度働けるため、貯金もすることが可能。

2、セカンドビザ習得可
タリーのどこのファームで働いても、基本的にセカンドビザがおります。また、同一雇用主の下で長期間働けるため、最短3ヶ月でセカンドビザを申請する権利を得ることができます。

3、年中仕事がある。
タリーの気候は一年中温暖で雨量が多いため、年中バナナの仕事があります。どの時期に行っても働けます。

4、英語環境を作ることができる。
ヨーロッパ人が多く滞在しているため、他のファームと違い英語を話す機会が多い。私は約4ヶ月タリーに滞在したのですが、その間にかなり英語能力が向上しました。

5、車は必要なし
毎日ファーム従業員が送迎してくれます。車は必要ありません。

タリーへどうやって行くのか?

ケアンズから長距離バスが出ています。電車を使う方法もありますが、バスで行くことをオススメします。
バスはgreyhoundというバス会社を使いましょう。ケアンズにgreyhoundの支店があり、そこでチケットを購入できます。また、ケアンズの旅行会社やバックパッカーもgreyhoundのバスチケットを取り扱っているところが多いため、とりあえずケアンズに行けばチケットを買うことができます。
運賃は約25ドル、所要時間3時間から4時間。

どうやって仕事を見つけるのか?

バックパッカーから紹介してもらうのが一番手っ取り早くて確実です。そのため、タリーで働く間はバックパッカーに滞在することになります。
だいたい仕事を紹介してもらうまで2週間から1ヶ月半程度かかるので、その期間の滞在費を準備しておくことをオススメします。一度仕事をゲットすると長期間働けることが多いのですぐにお金はたまります。
ちなみに、タリーのバックパッカーは以下の3つがあります。
caravan park , Banana Buracks , tully hotel
このどれかに滞在し、仕事を紹介してもらいましょう。

バナナファームでの仕事はきついのか?

ポジションによります。男性の場合はかなりの重労働にあたる場合がありますが、どうしても無理な場合は、ファームの上司や仕事を紹介してもらったバッパーのレセプションに相談してポジション変更をしてもらうことをオススメします。
以下、タリーのバナナファーム仕事例。

「男性」
ハンピング
約50キロのバナナの房を担いでトラクターまで運ぶ仕事。バナナファームで最も重労働。かなりの筋力を必要とする。

ハンギング
バナナの房をチェーンにつるす仕事。バナナ自体は思いが、専用の機械を使うためそれほど体力は必要ない。

「女性」
パッキング
バナナを箱につめる仕事。スピードが求められる。

カッティング・ソーティング
バナナの房を小さくカットし、不良バナナを取り除く仕事。それほどスピードは要求されないが、慣れないうちは手が痛くなる。

 

これ以外にもたくさんの種類の仕事がありますが、「ハンピング」以外はそれほど重労働ではありません。どのポジションには配属されるかは当日までわからないので、完全に運です。

最後に

お金を稼ぎながら、セカンドビザを習得でき、英語を話す機会も多い。タリーはオーストラリアのファームジョブの候補地としては非常に優秀です。
私は約4ヶ月、タリーでファームジョブをしましたが、とても有意義で満足のいく時間を過ごすことができました。ファームジョブを探している方にはタリーを候補地に入れてはどうでしょうか。


『ワーホリタイムズ購読はFBが便利です』

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)